TOP > 主催シンポジウムなど

シンポジウム

第14回 男女共同参画学協会連絡会シンポジウムのご案内

この度下記の通り第14回男女共同参画学協会連絡会シンポジウムを10月8日(土)@お茶の水女子大学(http://www.ocha.ac.jp/help/accessmap.html)で開催することとなりました。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

(2016-07-15: 参加申込フォーム・資料集(予稿集)テンプレート追加。こちらをクリック)

(2016-07-29, 08-27: プログラムを更新しました。)

(2016-08-05: 託児所利用希望の調査とポスターを追加しました。こちらをご覧ください。)

(2016-08-24, 27: ポスターを更新しました。こちらをご覧ください。)

(2016-09-02: プログラムを最終版に更新しました。)

(2016-09-05: プログラム「閉会の辞」を更新しました。)

(2016-09-06: 14:15~15:35の第二演題・演者所属を更新しました。)

(2016-09-13: プログラム数ヶ所を更新しました。)

第14回 男女共同参画学協会連絡会シンポジウム
国際的にみて日本の研究者における女性割合はなぜ伸びないのか?

【日時】 2016年10月8日(土) 10:00 ~ 17: 45
【場所】  お茶の水女子大学 共通講義棟2号館、1号館
      (東京都文京区大塚2-1-1)
【主催】 男女共同参画学協会連絡会
【共催】 お茶の水女子大学
【後援】 内閣府男女共同参画局、文部科学省、厚生労働省、経済産業省、科学技術振興機構、日本学術会議、国立女性教育会館

《プログラム》

(敬称略)
 

9:00~ 受付(共通講義棟2号館正面)

10:00~12:30【午前の部:分科会】(共通講義棟2号館101・102)
 

分科会①「Unconscious biasについて考える」
  (担当 日本生化学会)

講演1:Unconscious biasとは何か-米国やOISTでの事例 Dilworth Machi(沖縄科学技術大学院大学)、
講演2 日本におけるUnconscious bias-学会にけるVisibility調査の現状
アンケート結果(日本遺伝学会、日本分子生物学会)
展望 大坪久子(日本大学)
講演3 企業におけるUnconscious bias 宮井真知子(森永製菓(株))
 

分科会②「女性のための賞の創設~その意義と効果を考える~」
  (担当 化学工学会)

趣旨説明:北川 尚美(東北大学)
講演:相馬 芳枝(日本化学会フェロー)、石館 周三(資生堂)
パネル討論:藤岡 恵子(司会、(株)ファンクショナル・フルイッド)、北川 尚美、相馬 芳枝、裏出 令子(京都大学)、少作 隆子(金沢大学)、沓掛 磨也子(産業技術総合研究所)、功刀 由紀子(愛知大)
 

12:30~14:00【昼の部 : ポスターセッション 兼 昼食】

ポスターセッション (共通講義棟1号館204・205) コアタイム:13:00~13:40    昼食(生協食堂 "マルシェ")
 

14:00~17:45【午後 全体会議】(共通講義棟2号館201)
『国際的にみて日本の研究者における女性割合はなぜ伸びないのか?』

司会:横山 三紀 (日本生化学会、東京医科歯科大学)、藤原 葉子(日本生化学会、お茶の水女子大学)
 

◆14:00~14:15

開会の辞   日本生化学会会長 水島 昇(東京大学)
歓迎の辞    お茶の水女子大学 副学長 猪崎 弥生
来賓挨拶    内閣府男女参画局長 武川 恵子
 

◆14:15~15:35

講演:日本と世界の研究者・技術者―これまでの支援策と女性 比率―
日本アカデミアにおける文部科学省の取組(仮) ― 伊藤 洋一(文部科学省 科学技術・学術政策局長)
産業界における理系女性の活躍促進に向けた経済産業省の取組 ― 飯村 亜紀子(経済産業省産業技術環境局 大学連携推進室長)
米国の状況 ― Dilworth Machi(沖縄科学技術大学院大学 副学長)
韓国の状況 ― 野呂 知加子(日本大学 教授)
 

◆15:35~15:55 休憩
 

◆15:55~17:00

パネル討論 「まだまだ低い女性比率:伸ばすために何ができる?」
ファシリテーター 大坪 久子(日本大学)、小川 温子(お茶の水女子大学)
討論者および講演者 宮井 真千子 (森永製菓)、中村 淑子(情報・システム研究機構)
 

◆17:00~17:30

分科会報告
  分科会 ① 松島 綾美(日本生化学会、九州大学)
  分科会 ② 北川 尚美(化学工学会、東北大学)
第14期連絡会委員長挨拶および活動報告  小川 温子(日本生化学会 常務理事)
第15期幹事学会挨拶 化学工学会会長 菅原 公一
 

◆17:30~17:35閉会の辞

第14期連絡会 副委員長 北爪 しのぶ(理化学研究所)
 

17:35~集合写真撮影
 

18:00~20:00 【懇親会】(生協食堂2F “マルシェ” )

司会 浜田 恵美子(日本女性科学者の会、名古屋工業大学)

 

(2016-07-15追加)

参加申込フォーム

ダウンロードした参加登録フォーム(加盟学協会・オブザーバー学会用、加盟外団体用が異なりますのでご注意下さい)にご記入のうえ symposium2016@djrenrakukai.org 宛に添付で 9月8日迄 にお送りくださいますようお願い致します。
★メールの件名は、「男女シンポ参加登録・(学協会名)」として下さい。また、添付ファイルの名前も同様にお願いいたします。
参加登録・申込フォーム
(加盟学協会用)
(Excel形式 160KB)
 参加登録・申込フォーム
(非加盟団体用)
(Excel形式 15KB)

資料集(予稿集)原稿テンプレート

ダウンロードしたテンプレートに従ってご執筆のうえ symposium2016@djrenrakukai.org 宛に添付で 8月29日迄 にお送りくださいますようお願い致します。
原稿はワードファイルのままお送りください。
★メールの件名は、「男女シンポ要旨・(学協会名)」として下さい.また、添付ファイルの名前も同様にお願いいたします。
テンプレート
(Word形式 28KB)

(2016-08-05追加, ポスター2016-08-24, 27更新)

託児所利用希望の調査

会場となるお茶の水女子大学構内で、民間業者による出張保育室設置の必要性を検討しておりますが(料金は1時間2400円程度)、託児所利用希望の有無を調査したいと思います。ご希望の方は下記アドレスに8月29日までにご連絡ください。
symposium2016@djrenrakukai.org

ポスター

第14回シンポジウム
ポスター (PDF 626KB)


報告書:第13回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム(2015)

報告書 (PDF 1.5MB) 原山優子先生の
ビデオ出演に関する
紹介記事(JST
Science Portal site)

報告書:第12回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム(2014)

報告書 (PDF 4.9MB)

報告書:第11回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム(2013)

報告書 (PDF 1.3MB)

第3回大規模アンケート調査報告の講演スライドはこちらでご覧ください。


報告書:第10回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム(2012)

報告書 (PDF 1.4MB)

報告書:第9回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム(2011)

報告書 (PDF 3.6MB)

報告書:第8回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム(2010)

報告書 (PDF 2.5MB)

報告書:第7回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム(2009)

報告書 (PDF 1.1MB)

報告書:第6回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム(2008)

報告書 PDF版(717KB)

報告書:第5回 男女共同参画学協会連絡会シンポジウム
“真の男女共同参画へ向けて意識を変えよう!”

報告書 トップ
報告書 PDF版(1MB)

報告書:第4回 男女共同参画学協会連絡会シンポジウム
“育て、女性研究者!! 理工系女性研究者支援の新しい波”

報告書 HTML版
報告書 PDF版(1MB)

3周年記念シンポジウムの報告

詳細はこちら

2周年記念シンポジウムの報告

詳細はこちら

1周年記念シンポジウムの報告

詳細はこちら

設立記念集会の報告

詳細はこちら

女子高校生夏の学校・春の学校

「平成20年度 女子高校生夏の学校  ~科学・技術者のたまごたちへ~」

詳しくはこちら

「平成19年度 女子高校生夏の学校  ~科学・技術者のたまごたちへ~」

*既に募集は締め切らせていただきました。

案内ポスター(PDF)

女子高校生春の学校 -ジュニア科学塾 2007 in 関西-

【日時】2007年3月21日(水)~22日(木) 1泊2日
【場所】 3月21日 神戸大学発達科学部
3月22日 兵庫県高等学校野外活動センター あさぎり寮
【参加対象】 女子高校生60名、参加者の保護者および高校教員15名
【参加費】 6,000円 (資料代、実験費、食費、宿泊所への
移動費(バス)、宿泊費含む)
【募集締切】 2007年3月2日(金)必着
【ホームページ】 http://scoms.jp/junior2007/join.html
【ポスター】  ポスター(PDF)

平成18年度 女子高校生夏の学校 ~科学・技術者のたまごたちへ~

※定員に達しましたので、募集は締め切らせていただきました。

案内ポスター(PDF)